コープフーズが作る再生可能エネルギー

トピックス 

2020/05/22

本社ソーラーパネル
2013年に竣工した第2工場では、屋上にソーラーパネルを
設置し太陽光発電を行っています。その能力は
年間発電量 155、000Kw
CO2削減量 70トン      となっています。
日々の発電の状態や色々な情報は建物内の
モニターで確認することができます。

再生可能エネルギーは、資源に限りのある化石燃料と違い
繰返し利用できるだけでなく、発電時に地球温暖化の原因となる
CO2をほとんど出しません。
未来のためにも、再生可能エネルギーを広めていきたいと考えています。