• コープフーズ 第1工場

    住所:兵庫県加古郡稲美町六分一
       1362-60
    設立:1995年(平成7年)4月
    面積:敷地4819.55㎡
        (1460.46坪)
       建物3223.07㎡
        (976.68坪)

    衛生管理の行き届いた設備を24時間フル稼働し、阪神間のコープ店へ「寿司」や「おむすび」などを毎日出荷しています。
    また、「寿司シャリ」の炊飯やサラダの製造など、「愛菜」「シェフクック」「愛菜キッチン」のセントラルキッチンとしての役割も担っています。

    取扱い商品

    第1工場ではおむすびや天ぷらなどのお惣菜をまごころ込めて製造しています。設立当初からのノウハウを積み上げながら、季節の食材を盛り込んだ期間限定品や、素材や味付けにとことんこだわったポテトサラダなど、多くの商品を生み出しています。

    《製造品目》
    ・お寿司
    ・赤飯
    ・おむすび
    ・お惣菜 など

  • コープフーズ 第2工場

    住所:兵庫県加古郡稲美町六分一
       1362-5
    設立:2013年(平成25年)5月
    面積:敷地5251.49㎡
        (1588.6坪)
       建物4162.01㎡
        (1259坪)

    徹底した品質管理のもと、味つけと栄養バランスにこだわったコープこうべやその他生協への夕食サポート「まいくる」製品や冷凍惣菜、さらには、中学校給食などを作っています。

    取扱い商品

    第2工場では、神戸市教育委員会で考案された献立を基に、ランチボックス方式の給食を製造し、神戸市東灘区、西区の中学校に毎日届けています。また、生活協同組合コープこうべの夕食サポート「まいくる」を製造しております。さらに、特殊冷凍技術を使い普通の手作り惣菜とほどんと変わらない状態の冷凍惣菜も各生協向けに製造・出荷しています。

    《製造品目》
    ・中学校給食
    ・まいくる製品
    ・冷凍惣菜

製造について

安全・安心を第一に、徹底した衛生管理のもと、「煮る」「炊く」「焼く」「揚げる」などの工程を経て出来上がったお惣菜は、ひとつひとつ丁寧に盛り付けられていきます。『たくさんの方に喜んでいただける商品を毎日提供し続けられる企業でありたい』という思いをもって、こだわりある商品づくりを続けています。

工場施設紹介

炊飯設備

全自動の炊飯設備を用いて製造しています。熟練の担当者が、その日の気温、湿度、お米の状態に合わせて、火加減などを細かく調整し、丁寧に炊き上げています。

入室設備

工場への入り口には、セキュリティロックとカメラ監視。入室準備室には、手洗い、粘着ローラー、エアシャワーなどの設備を揃え、徹底した衛生環境づくりをしています。

金属探知機

金属探知機を導入し、金属異物を排除できる体制を整えています。

製造環境対策

第3者機関にて防虫、防鼠対策なども常時実施することで、より安全、安心な食品製造環境を維持しています。

加熱冷却設備

加熱時の温度計測による安全管理を徹底しています。また、真空冷却機やブラストチラー、差圧冷却庫などの冷却設備も完備しています。

安全・安心な食への取り組み